読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふりふり子連れ転職memo~ワーママのキャリアと子育て~

ワーママは転職に不利と言われますが2013年12月生まれの男の子を育てながらすでに転職3回。同時に国家資格キャリアコンサルタントやウェブマーケティング検定など資格も取得し、現在はwebメディアの編集者・ライターとして活動中。働くお母さんの気持ちが少しでもラクなるような読み物を作れたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

私のワーママ生活の始まり(1)

退職宣言のあと、妊娠が発覚!

 

新卒から13年勤めた某R社を辞めたとき。

思えば、それがワーママ生活の始まりでした。

悩みに悩んで、「退職します。」と宣言した当時は、

お腹にお子がいるとは思っておらず。(希望はしていましたよ!)

 

辞めるってなってから、

え、妊娠? ってなり、

そのときは、

保育園に入るのがいかに難しいかも、

正社員で働いていることがどんなに恵まれているかも、

子育てによって再就職の道が圧倒的に不利になることも、

なーんにも、分かっていなくて。

 

まあ、無知だったからこそ、

「もうここでやりたいことは無い」と思っている環境から

「次」が明確に決まっていなくても、飛び出せたのかもしれません。

 

駆け出しフリーランスに、保育園の門は開かれていない。

 

再就職先を決めないまま退職した私は、

フリーランスでお仕事をしようと考えていました。

(今、考えると、めっちゃ、甘い…汗)

 

作品プロデュースのお仕事を任せたいと言ってくださるArtistさん、

海外企業の日本支店として市場調査やプロモーションの業務を委託してくださるという中国人の知人など、

ご縁を大事にお仕事をしたいと思える、いくつかのお話があって

それを少しずつ育てて行きたいな、と。

 

自分のキャリアとしても、広告制作や企画・編集のお仕事、

特にライティングの分野で、もっとキャリアを積みたい、と考えており、

 

これらのお仕事をきっかけに、いずれ子育て時期に入るときには、

自分の専門スキルを持って、ワークライフバランスを保てるような

働き方にシフトして行きたいな〜とイメージしていたんですね。

 

ところが!

 

全く準備が整っていない段階での妊娠発覚。

そして何より

駆け出し=売上の少ないフリーランスには、

赤ちゃんを保育園に入れてもらうための「申請条件」のハードルが…

私には、高かったんです。

 

フリーランスになってからの経歴、年収、業務内容はもちろん、

保育の必要性を問われているように感じました。

つまり、在宅なら育児と両立できるよね、

雇用されているは出社しなきゃいけないんだし、保育が必要だよね、

というロジック(!?)。

 

さらに追い打ち。切迫早産の危険!!

 

やばい。保育園に預けられなかったら、仕事どうする?

就職活動も、やっぱりやっとく?

など、気持ち入り乱れる中、

(だからハローワークにも真面目に通いましたとも。)

我が家ではマイホーム購入という大型プロジェクトも進行しており…。

 

空き時間を見つけては、

頭金をいくらにしたら、月々の支払いがいくらだとか、

どこの銀行の住宅ローンが割安だとか、

やれ間取りをどうするか、お風呂は大きくしたいよねとか、

(戸建てで自由がきいたのと、夫婦揃って凝り性だったためパワーがかかったのかもしれませんが、)

マイホーム関連の山積タスクをこなす日々…。

 

私のキャリア、どうする!どうなる!?

保育園、入れないと、どうしたらいいの??

っていうか、入れるために、何をすべき???

 

頭がぐるぐるしすぎて。そのストレスが祟ったのか(?)

妊娠7ヶ月目〜8ヶ月目は、切迫早産のため自宅安静に陥りました。

 

トイレ以外は寝ててください。

お風呂? 入らなくても死なないから。

 

この状況で、

売上を飛躍的に伸ばせるはずもなく。

就職しようにも、面接すら行けないし。

 

絶体絶命。

 

(…私のワーママ生活の始まり(2)に続く。)