読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふりふり子連れ転職memo~ワーママのキャリアと子育て~

ワーママは転職に不利と言われますが2013年12月生まれの男の子を育てながらすでに転職3回。同時に国家資格キャリアコンサルタントやウェブマーケティング検定など資格も取得し、現在はwebメディアの編集者・ライターとして活動中。働くお母さんの気持ちが少しでもラクなるような読み物を作れたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

私のワーママ生活の始まり(2)

保育園問題、二重の苦しみ。

 

前回のブログで、絶体絶命に陥っている、私…。

保育園申請書の項目について調べていくうちに、

お勤めしていた会社がいかに恵まれていたかを痛感しました。

 

子どもが小学生を卒業するまで時短勤務が可能なこと。

有給休暇以外にリフレッシュ休暇があること。

在宅制度も全社員に導入が進められ、メディアでもよくニュースになる。

2016年4月からは、男性の育児休暇を必須とする制度も導入されたそう。

 

辞めなきゃよかったのかな〜。

 

いや、でも、もうやりたいことが無いのだし…。

組織からの期待も薄いなと感じているし。

このまま、会社にただ居続けても先は見えてる。

 

でも、このまま保育園に入れなかったら?

 

キャリアはいったんさて置き、ママ業に徹する?

 

 いやいや、在宅で、寝てる間とか夜に、ちょっとずつ仕事をしたり、

スポットで預けられる一時保育っていうところもあるらしいし、

何とかなるんじゃない?

 

正社員にこだわらなければ、就労も可能なのかな?

 

いろんな選択肢を、どれとも決めきれないまま、

絶対安静のまま時間が過ぎて行く…。

本当に、気持ちばかりが焦りました。

すごく苦しかった。

 

(と言いながら、ネットでマタニティウェアを物色していたのだけどw)

 

でも、もう一つ、もっと大きな(?)苦しみがあって。

それは、

「保育園に0歳から預けるって、かわいそうなんじゃない?」

という、どこからともなく湧き出る、負い目のような罪悪感。

 

保育園に預けるために、(申請条件をクリアするために)

いろいろ調べて考えながらも、

「そんなに小さいうちから保育園に預けるなんて。」と

自分を責めるような気持ちに苛まれていて。

ほんと、二重に苦しかった。

 

でも、当時は、苦しんでるって、あんまり人に言えなかったかも。

なんとなく、親にもなかなか言い出せなかったな。。

このことは、いずれまた改めて書きたいと思っていますが、

「母」のあるべき姿 みたいなものが、社会の中にうっすらとあって、

それに無意識に縛られている自分から、どう脱却するか、

その気付きからワーママ生活が始まる人も多いんじゃないかなあ…と。

 

出産2週間前にして就労成功!保育園申請!!

 

とはいえ、やはり仕事は続けたい。

 

世の中の変化がどんどん速くなっている中、

いま休むのは、自分にとってはデメリットが大きい。

 

少しでも、自分のなりたい姿に近づける方を選びたい。

それは、自分の専門性を磨いたり、少しシフトさせることだったり、

そういう経験を積むことが必要だなって感じていたから、

休んでしまうことで、その足掛かりを失いそう…。

 

それから、長い目で見た時に、

子どもに、社会のことや、就労のことに、紐づけて、

いろんなことを教えてあげられる自分でいたいなっていう気持ちが大きかった。

そのためには、やっぱりワーママとして頑張りたい。

 

そういう風に、頭の整理が出来てきてから、

ようやく、「雇用された方がいい。」と結論を出せた気がします。

 

保育園入園申込をする際、「点数」が付けられるんですが

内定・求職中は、会社勤めで働いている場合よりも、全然低い!

(これじゃ子育てママは働けないよ?と今でも思う!!)

私の場合、在宅フリーランスだと、条件を満たさない可能性が高いし。

現時点で稼ぎが足りないから。

 

 

そこから、いまある人脈のなかで雇用して頂ける可能性があるか、打診を開始。

 

それに、「点数」をできるだけ高くするための雇用条件は何か。

その雇用条件で自分がやっていけるか。

またキャリアを積めている実感を持てるかどうか。

 

保育園入園申込に必要な書類を整えるため、

採用面談(ほぼ、交渉?)を進めながら自問自答する日々…。

 

が、そのとき、すでに、出産1ヶ月前!

 

自宅安静が解除されていなかったら、この動きは無理だったかも!

 

でも、諦めなくてよかった。

無事、雇用して頂ける会社が見つかりました。

 

私のワーママ生活の始まり(1) - 働きママのキャリアと子育てmemo

で紹介させて頂いた、中国人の友人が

ちょうど日本で事業を立ち上げを計画しており、

その立ち上げメンバーとしてジョインする形で

協力会社である日本の企業に、従業員として雇用して頂けることに!

 

就労してすぐに産休・育休に入るという

超レアケースだったけど、

出産2週間前にして就労証明書を発行頂き、(涙)

保育園入園申込も、本当にギリギリでセーフ!!

 

思えば、妊娠期間中は、ずっとキャリアを模索していた気がします。

いろんな選択肢があった中、

自分の気持ちと葛藤しながら

さまざまな制度を調べて理解することも大変だったけど、

なんとかなるものだな、と自信にもなり。

いろんなことが、分かったし。

 

無事に出産後は、

新築新居への引っ越し、旦那さんの育児休暇など

ネタがたくさんあるので、これから書いて行きます。

 

保育園入園申込は、いろいろ調べた甲斐あってか、合格(?)通知。

赤ちゃん3ヶ月半で職場に復帰できました。

ワーママ生活、始まりです。